パーソナルトレーニング

表情、姿勢、話し方、声に出す言葉...これらを変える練習と実践を重ねることでアナタの人生は必ず拓けます。

「もっと上手に自分が言いたいことを伝えられたら...」
「相手に響く言葉を言うことができたら...」
「緊張せずに堂々と人前で自分の意見を伝えることができたら...」
「好印象を持ってもらい円滑にコミュニケーションを取れるスキルがあれば...」

仕事で関わる人たち、家族、友人、恋人、趣味の仲間、サークルの仲間、地域の人たち...。 私たちは様々な場面で色々な人と関わり合って生活をしています。
相手が1人であっても2人であっても、複数人や 100 人以上の大人数であっても
「自分の発言・意見・主張を相手が聴く場面」は必ず発生します。

コミュニケーションもスピーチもプレゼンテーションも全ては
目から入る情報(視覚)や耳から入る情報(聴覚)に尽きます。
得た情報をどのように感じて捉えて解釈するかは人それぞれで
アナタの発言や意見を相手がどのように感じて捉えるかをコントロールすることはできません。
ですが、「相手に分かりやすく、印象良く伝える意識と努力と工夫」はできるはず。

スポーツジムで体力や筋力をつけるのと同じように
話し方も繰り返し練習と実践を行うことが上達の唯一の方法です。
今、人間関係に悩んでいるのであれば一緒に解決していきましょう。
今、プレゼンテーションに不安を感じているのであれば一緒にスキル UP をしていきましょう。

話し方のスキルは「モノ」ではありません。
未来永劫アナタを助けてくれる財産です。

お好きな場所でお好きな時間にオンラインレッスン

まずは30分の無料オンライン相談にてお気軽にお問い合わせください。

このような方、お待ちしております
  • 初対面の人との会話が続かずチャンスを逃している
  • スピーチやプレゼンテーションの前日は緊張して眠れない
  • 声が小さいとよく言われる
  • 人との会話において何を話せば良いのか分からない
  • 人前に立つと頭が真っ白になってしまい準備していたセリフを忘れてしまう
  • 立場や肩書上堂々とした話し方を身につけたいがどうすれば良いのか分からない
  • 苦手な人や合わない人とのコミュニケーションがとても億劫だ
  • 人脈や交友関係を広げたいがどうすればいいのか分からない
  • 周りに影響を与える圧倒的なスピーチが出来るようになりたい…

4つのプランをご用意しております

1 90 27,500

3 90分×3回 79,200

5 90分×5回 126,500

10 90分×10回 220,000

  • 料金は全て税込み価格です。
  • 3回以上のコースを受講される方は10日〜2週間に1度の受講をお勧めいたします。
  • トレーニング時間は土日祝を含む、9:00〜21:00です。
  • ご要望に応じて出張もいたします。(別途交通費を頂戴いたします。)
  • トレーニングの受講期限はございません。

パーソナルトレーニング受講の流れ

お悩みや課題、理想の姿や目標をヒアリング
30分の無料オンライン相談でヒアリングいたしますが、
ご都合やご要望に応じて柔軟に対応いたします。
(カフェなどでのヒアリングも致します。)
ヒアリングを元にオリジナルカリキュラムを作成
初回トレーニング日時を決定
トレーニング日時は土日祝を含む・9:00~21:00 の間の90分間です。
会場は決定後にご連絡いたします。
初回トレーニング日時を決定
トレーニングでは必ず声を出していただき、また動画撮影も致します。(機材などの準備は不要です。)
また、スピーチやプレゼンテーションの原稿を持参していただき、内容の修正や練習なども致します。

トレーニング日時決定後のキャンセルや日時ご変更の場合、キャンセル料を頂く場合がございます。
トレーニング開始時刻に遅刻された場合、延長は出来かねますのでご了承ください。
お支払いは事前お振込みか直接お支払いをお願いいたします。
回数コース受講の方には分割でのお支払いもお受けいたします。

一緒にトレーニングを頑張り成果を出した受講生の方々

定期的に参加している会合で、月に1度のスピーチをすることになったAさん(40代・会社経営・男性)

お悩み・課題
滑舌が悪く、マイクを通しても声が聴き取りにくい。
話し方に抑揚が無く聴き手に伝わっているのか不安。
思いつくままに話してしまい話の構成にまとまりがない。
目標
1度で聴き手全員に届く聴き取りやすい声を出す。
ストーリーをしっかりと作成し、自分が伝えたいことを論理的にかつ感情豊かに表現できるようになる。
話の組み立て方の基本を身につけ、上手にストーリー構成ができるようになる。

Aさんには5回コースを受講していただきました。

回数 内容
1回目 姿勢 姿勢を正すことのメリット(見た目、心構え、発声など)。
壁に沿って立ち姿勢を保つ練習や美しく見えるお辞儀の仕方など、マナーについても。 呼吸と発声・発音 聴き手に心地良く響く声の出し方を練習。
聴き取りやすい声(特に語尾や助詞)を出すための滑舌強化や母音発声の練習。
2回目 届く声・響く声 よく使う言葉やセリフを繰り返し声に出し、自分の耳にどのように届いているか?聴き手にはどのように届いているか?を体感。 抑揚・強弱 特に伝えたい言葉の言い方(声の大小やトーンの高低、力み具合など)を練習。
3回目 脳内整理法 言葉を覚えるというより言いたいことの全体像を図、写真、絵で覚える練習。 脳内イメージ法 頭の中に伝えたいことの図を描き、話しながらその図を追っていく感覚を掴む。
4回目 間の取り方と目線のやり場 話の転換、特に伝えたい部分の前後の効果的な間の取り方とその際の佇まいを練習。 語尾のバリエーションを増やす 「です」「ます」「でした」「ました」の一辺倒な語尾で終始せず、体言止めや「」付きのセリフを用いることで表現力を向上。
5回目 最終仕上げ 実際の本番を想定してスピーチを行う。
修正があればその都度一緒に改善をしていき、自分らしさを大切にしながら自信を持って本番に臨めるように仕上げる。

原稿の作成・修正を何度も行い、動画撮影を繰り返しご自身の癖をCHECKしていただき、いざ本番! 結果は... 聴き手の皆さまから 「想いが伝わるスピーチだった」「人柄が溢れ出るスピーチだった」 と賞賛の言葉をたくさんかけていただいたようです。

おかげでAさんには登壇のご依頼が増えたそうで、5回コース受講後継続してトレーニングを受講していただいております。
また、登壇の度にその様子を録画して送っていただき、一緒にCHECKして改善に尽力しております。
そして...Aさんがスピーチ力を向上させたい仲間の皆さんに声をかけて下さり、月に1~2度、仲間の皆さんと一緒に2時間のスピーチ力UPセミナーを開催することになりました。
気の置けない仲間同士、切磋琢磨しながらの学びの場に携わることができ有難い限りです。
これからも一緒に頑張っていきましょう。

ご自身が経営する会社のスタッフが描く「頼もしいリーダー」へと生まれ変わりたいBさん(40代・会社経営・男性)

お悩み・課題
自信を持って言い切る話し方を身につけて、何事も堂々と伝えたい。
語尾が曖昧になり頼りなく見えてしまいがちな話し方を改善したい。
目標
堂々とした話し方や佇まいを自分のものにして牽引力を身につける。
営業先で感じる自分の詰めの甘さを払拭し、もっと信頼してもらえるようになる。

Bさんには10回コースを受講していただきました。

回数 内容
1回目
2回目
腹式呼吸 口の開閉、母音発声 発声と発音を基礎から磨く。
自信があり言い切ることのできる内容(簡単な 自己紹介等)を堂々と聞き取りやすい声で話したり、決められた文章を読む練習。
3回目
4回目
質問・1,000本ノック 堂々と言い切ることができにくい場面において、いかに語尾まで言い切るか?の主語をハッキリさせる、前置きを伝える、相手の意見を受け止める等のPOINTを体得。
5回目 端的に、簡潔に 1つの文章を短く、かつ語尾を強く言い切る練習。
スタッフの皆さんに「これで行く!」と堂々と伝えるために必要な簡潔さを体得。
6回目
7回目
人前での魅せ方 「話す」「説明する」だけではなく「表現する」「印象付ける」ための表情や立ち居振る舞い等についての練習。
8回目
9回目
言葉の選択 否定表現を肯定表現にする、否定の意味が強い接続詞を違う言い方に変える等、会話の相手が自然と前向きに行動しやすい言葉について学ぶ。
10回目 全体の振り返り、総括

トレーニング開始後、不思議とBさんの元にはセミナー講師の機会が増えました。
そこで1対1での会話のみならず、人前で話す際にも「堂々と自信を持って言い切る」練習を繰り返しました。
コロナウイルスの影響でセミナーがオンラインに切り替わる事態が発生しましたが、オンラインでも同じく「堂々と自信を持って言い切る」話し方の練習を重ね、併せて目線や間の取り方、姿勢の改善など、非常に熱心にかつ楽しくトレーニングを受けていただきました。

問題意識や向上心が高く、10回コース受講後も継続して10回コースを受講していただいております。
合間に経営者視点のお話をしてくださるなど、毎回のトレーニングを私も楽しみにしております。

例3 大切なご友人の結婚式スピーチを成功させたいCさん(20代・自営業・女性)

お悩み・課題
緊張でスピーチが棒読みになってしまう。
スピーチ原稿の内容・構成に悩んでいる。
目標
心を込めて自分の想いをしっかり届けるスピーチができるようになる。
2 人を主役にした構成の原稿をしっかり作る。

Cさんには1回コースを受講していただきました。

1回目 緊張との上手な付き合い方 緊張をゼロにするのではなく、緊張と上手に付き合う方法。 効果的な抑揚のつけ方 強調ワードの言い方や間の取り方、文頭と文末の声のトーンの違いについて。 目線と間の取り方 呼びかけに合わせた身体の向きと目線、間の取り方。 原稿CHECK 3分以内に収まる原稿作成。

Cさんには本番の約2週間前に1回コースを受講していただきました。
90分の中でPOINTを押さえた内容をお伝えし、名前を呼ばれた時の立ち方や歩き方などの立ち振る舞いも併せてお伝えしました。
動画撮影とCHECKも3~4回行い、その後ご自宅で当日まで何度も練習を重ねたそうです。

当日の様子を動画撮影して送って下さいましたが、とても心のこもった温かいスピーチでした。
優しいCさんのお人柄が会場全体に伝わり、新郎新婦のお2人の感激具合も画面を通して伝わってきました。
Cさんの愛と練習の成果が溢れたスピーチでした。

全てご本人の承諾を得て掲載。また詳細はご受講当時のもの。

トレーニング中はマスク着用を徹底し、適切な距離を保っております。
ご希望の方にはフェイスシールドあるいはマウスシールドをご用意いたします。

トレーニング会場につついて

  • 弊社オフィス : 大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル4階・SYNTH を含む大阪市内の会場   (別途ご案内致します。)