人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー コミュニケーション, スピーチ, プレゼンテーションタグ ,

AだからB、を成立させましょう。

自分が何かを話す時、また相手からの話を聴く時、
【AだからB】がきちんと成立しているか?
をしっかり考える癖をつけましょう。

自分の立場にものを言わせて
AだからB、が成立していないのに無理やり押さえつけようとしたり
自分の意見を突き通そうとする人もいます。
納得しなければ自分の意見を言い
それがあまりにもひどいと感じるようであれば
離れることも選択肢の1つとして考えること。

例えば…

1:頭痛がするから早く寝る
2:頭痛がして起きているのがしんどいから早く寝る
3:頭痛がして明日の仕事に影響するから早く寝る

1よりも2、3の方が成立度は高いですね。

1:今日は良いことがあったからごちそうする
2:今日は良いことがあって気分が良いからごちそうする
3:今日は良いことがあって気分が良い、この良い気分をみんなと分かち合いたい
   でもそれは自分の想いでしかなくみんなに費用を負担してもらうのは申し訳ない。
   だから自分がごちそうする。

言った側は起こった出来事(良かったこと)によって気分が良くなり
その良い気分が行為(ごちそうすること)への引き金になっています。

言われた側は有難いですよね。
ごちそうしてもらえるのですから。

ここでちょっと考えてみて下さい。

ほとんどの人がパターン1を最もよく耳にすると思いますが
実はパターン1は「AだからB」が成立していません。

良いことがあった→ごちそうする、
は言った側の都合であって、そこに論理性はありません。
ですが、パターン3を言われても…ですよね(笑)。

気分や感情がAである場合、
Bの内容に注意を向けることが必要です。

この例では言った側も言われた側も
良い気持ち、快の感情なので
あまり深く考えなくても良いかもしれません。

ですが、Aが言う側の単なる気分や感情の場合
Bの内容が勝手であったり
受け入れがたいものである場合は要注意。

そして、話術が巧みな人ほど
上手に「AだからB」を話してきます。

「私はあなたの失敗やミスによって不快な思いをしました。
  なので、今後はあなたの行動を全て監視カメラでCHECKします。」
これはさすがにいき過ぎです。
全て監視カメラでCHECKするなんて、される側は息が詰まります。
その理由が
「全てCHECKしなければ安心できないから。」
であれば、話し合う必要があります。

「私はあなたの失敗やミスによって不快な思いをしました。
  なので、今後は1日に5回、状況報告をして下さい。」
であれば、先ほどの内容より受け容れやすいですよね。
その理由が
「1日5回の報告で失敗やミスがないかお互いCHECKできますし
  それによって不快感も減ると思います。」
であれば、納得はしやすいです。

相手との関係性や前後の状況にもよりますが
「AだからB」が成立しているかどうか?を
しっかり考えるようにしていきましょう♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA