人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー 話を聴く、整理する、反応する, 雑談って…何?どうすればいい?タグ

咄嗟力を極める!

今年の春頃から『咄嗟力』というテーマで

研修や講演をさせて頂く機会が少しずつ増えています。

 

今から約15年前、私はテレビ局のリポーター・ラジオのパーソナリティーを

させて頂いており、

年間300日以上の生放送に出演していました。

生放送=1回きり、です。

撮り直しは出来ません。

突発的なことが起こったり、放送中に緊急ニュースが入ってきて

放送時間が短くなったり

放送そのものを中断せざるを得ない場合もあります。

その時に「咄嗟に」どう対応・発言するか?

ということをたくさんたくさん学ばせて頂きました。

 

仕事の中の会話でも「咄嗟に」対応しなくてはいけない時、ありますよね?

準備してきたこと以外の内容を質問された時や

想定外の流れになった時、

会議等でいきなり発言を求められたり

お酒の席で「ちょっとひと言」と振られたり…。

(お酒の席でのひと言は、よく耳にします(笑)。)

そんな時、咄嗟にパッと答えられたらスマートだと思いませんか?

相手やその場で求められているであろう「返し」が咄嗟にできたら

自分に対する周りからの評価も上がりますし

時間短縮にも繋がります。

 

これらは

 

【目で見たものをすぐに言葉にする】

 

トレーニングから始めていき、徐々にトレーニング内容を

レベルアップさせることで可能です。

 

週7日生放送出演経験のある私が

そのノウハウをお伝えします。

 

但し、しっかり考える必要がある場合は

「咄嗟力」は役立ちません。

その時、場面、相手、目的に応じて

使い分けてくことが大切です。

 

 

「コミュニケーション研修」を更に絞って「咄嗟力UP研修」-

気になる方はお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA