人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー 話を聴く、整理する、反応するタグ

会話上手になればストレスは減る!?

人との会話が上手な人、下手な人―その違いは一体何でしょうか?

そもそも上手・下手を判断しているのは誰でしょうか?

 

社会は人と人の繋がりで成り立っています。

人との会話がスムーズにいけば

お互いが笑顔で気持ち良くやり取りができますし

例え意見が違ったとしても建設的な意見交換ができます。

 

‘ 会話上手 ‘ と聞くと話題が豊富でよく話す人、

というイメージを持つ人が割と多いですが

全くそんなことはありません!

 

【話す】【聴く】【質問する】【反応する】

 

これらを状況に応じて行う人が会話が上手な人。

 

話したいから話す、話したくないから聴く、知りたいから矢継ぎ早に質問する、

は自分本位。

その場の状況やその場にいる人、相手との関係性やその時の目的を

ゆっくり落ち着いて観察して考えましょう。

 

特に「目的」は大切です。

何のために会話をしているのか?

他愛もない雑談であれば深く考える必要はないかもしれませんが、

営業や商談や打ち合わせであれば目的は非常に大切。

その場の目的というものがあって

そのためには自分は何をするべきか?

会話始めは相手の話をしっかりと聴いて

一旦全部聴いた後に自分の意見を言うのか?

それとも相手に質問をいくつかするのか?

そしてそれは何のために?

 

落ち着いて進めていけば

会話において相手とのズレが減り

お互いがストレス無く、或いは少ないストレスで済みます。

意見の違いではなく、「あれ?会話が噛み合っていない?」

ということが減る、というわけです。

 

これを実現するためには

色んな人の会話を聴くこと。

人のことであれば案外分かりますよね。

そんなものです(笑)。

そこから気づきを得ていって

自分の会話に活かしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA