人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー Blogタグ

「言えない」を掘り下げてみましょう。

コミュニケーション・スピーチトレーナーの加藤あやです☆

大阪にオフィスを構え、話し方の指導を法人・個人向けにさせて頂いています。

 

よく「言えないんです」と相談を受けることがあります。

状況を詳しく伺っていくと、実に様々な要因があるなぁ~といつも感じます。

 

「言えない」ということは本当は「言いたい」ということ。

言いたいけれど言えない―ですね。

まず前提として「言いたいことがある」ということ。

でも言えない…少し掘り下げていってみましょう。

 

大きく2つに分けます。

 

① テクニック、スキル、方法など

② 心、感情、気持ちなど

 

① がやり方で、② があり方ですね。

 

特に② についてお話すると、

【なぜ「言えない」のか自問自答を繰り返してみましょう】

です。

恐らく多くの人が行き着く答えは

・自信が無い

・相手に迷惑をかけるかもしれない

・恥ずかしい

・相手に負けたくない、勝ちたい

というようなものではないでしょうか。

 

言わない方が良い、という判断を自分でしているのであれば

これらの問題は発生しませんよね?

ですが、「言わない」ではなく「言えない」のであればこれらに向き合う必要があります。

 

なぜ自信が無いのだろう?

なぜ相手に迷惑がかかると思うのだろう?どうなれば迷惑がかかることになるのだろう?

なぜ恥ずかしいのだろう?

なぜ相手と勝負をしようとしているのだろう?

 

答えは自分の中にしかありません。

誰かが正解をポンと出してくれるわけなどなく、

自問自答を繰り返していくことでしか気づきは得られません。

 

仮に「自信が無い」と感じたとしましょう。

「自信が無い」を言語化していきましょう。

自信が無いとは一体どういうこと?どういう状態?

なぜ自信が無いのか?

過去に誰かに何かを伝えて上手くいかなかったと感じることがあるから?

相手からの反応が自分が思ったものでなかった場合が恐いから?

 

始めるといつまでも続きそうな自問自答ですが、

「これを実行すると言えるようになりますよ~」というやり方だけではなく

少し自分の思考やパターンなどを掘り下げてみることで

案外スッとできるようになるものなんです。

 

もし言えたらどうなる?

もし言えないままだったら結果はどうなる?

 

ネガティブに考える必要はないですし、ポジティブに考える必要もありません。

ただ自分に対して質問を繰り返して、その答えを自分で見つける―

この作業をしていって下さい。

画像がいつもより小さいですね💦

研修や講座などでは質問の仕方の練習などもお伝えします。

 

● 企業研修

● パーソナルトレーニング

そして今後は講座も開講予定です。

気になる方は遠慮なくお問い合わせ下さい 😀

 

問い合わせ先は ⇒ info@act-communications.jp

そして↓ ↓ のメルマガにも載せております。

2月8日(金)17時半過ぎに配信予定のメルマガでは、

「言えない」⇒「言える」になる、やり方について書いております。

 

 

「加藤あや話し方スキルアップ公式メールマガジン」 😀  😀

http://qer.y-ml.com/form_if.cgi?type=5&id=official

 

是非ご登録を!