人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー マンツーマントレーニング, 印象の〇%が見た目、〇%が話し方タグ

マンツーマントレーニング。

昨日の午後はマンツーマントレーニングでした。

 

いつもほんわか雰囲気のMさん。

 

お菓子まで頂いちゃいました。

 

20170327

FullSizeRender

トレーニング内容は、【話を整理してスラスラと話すには?】について。

 

 

 

話が整理出来ていないと、途中で詰まったり「え~」「あの~」を連発してしまいます。

 

これには、

 

①話の大枠から順に話す練習をする

 

②1つの文章を短くする

 

ことで、スッキリと整理できて「え~」「あの~」も減っていきます。

 

 

 

話の整理が苦手な人の特徴として、

 

・そもそも何についての話か?そもそも何を言いたいのか?があまり把握出来ていない

 

・細かい内容をあれもこれもと話そうとする

 

の2点が挙げられます。

 

結果、話をしている本人も何が何だか分からなくなってしまうという… 😥

 

 

 

3段階に分けて整理しましょう。

 

 

 

①そもそも何についての話か?何を言いたいのか?をひと言で言う

 

例)「今日の感想は?」と訊かれ、「良かったです。」「感動しました。」

 

「昨日の出来事について話します。」など。

 

 

②その中身を話す

 

例)「○○の部分は自分の経験と重なっていて、昔の自分を思い出しました。」

 

「昨日偶然高校時代の友人と会いました。20年振りだったにも関わらず全然変わっていなくて何だか嬉しかったです。」など。

 

ここは話の中身なので、1番ボリュームが多くなります。

 

 

 

③締める

 

例)「今日の話を活かして、明日から仕事に取り組んでいきます。」

 

「今度同窓会をしようという話になりました。今から楽しみです。」など

 

 

 

とってもシンプル。

 

【何についての話か?】

 

 

【中身】

 

 

【締める】

 

 

以上!

 

 

そして1つの文章を5秒以内を目安に収めます。

 

文章が長いと途中で「え~」「あの~」と詰まってしまい、余計整理しにくくなってきます。

 

1つの文章を短くするとその文章を言った後に「間」が取れるので、その間に次に言うことを考えたりまとめたりできます。

 

一旦文章を言い切っているので、そこでの「間」はさほど気にしなくてもOK。

 

1つの文章が長すぎて、なおかつ途中で「え~」「あの~」などと詰まってしまうから、相手にもなかなか伝わりにくいんです。緊張も倍増しますしね。

 

何かお題を決めて1分間話してみて、それを録音してみると癖が分かりますよ。

 

是非実践されて下さいね 😀

 

 

 

【話し方を変えれば人生が変わる】

 

研修、講座、パーソナルトレーニング、いつでもお待ちしております。

 

 

①企業研修(主に「社内コミュニケーション活性化」、その他スピーチやプレゼンテーション)

 

3時間~:200,000円~300,000円(税別)

 

 

 

②パーソナルトレーニング(オーダーメイド)

 

1回⇒2時間:30,000円(税別)

 

6回~24回:180,000円~480,000円(税別)

 

 

 

③トークラブ

 

90分~120分、4名様~10名様

 

一律:50,000円(税込)

 

 

お問い合わせは、

 

info@act-communications.jp

 

まで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です