人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー 「伝える」スキルで収入UP、人間関係の充実タグ

スピーチやプレゼンテーション時の目線について。

明日から3連休ですね。

 

少しずつ温かくなってきていますし、天気の大きな崩れもなさそうです。

 

お出かけするのにも心地良い季節になりました🌸

 

 

 

 

 

今日はスピーチ、プレゼンテーション時の【目線の持っていき方】について。

 

実はこの目線、緊張を増幅させるとっても厄介なもの。

 

私たちが緊張する原因は、

 

一斉に多くの人から見られているから

 

です。

 

そして、その心理を紐解くと、

 

評価されている ⇒ 評価されるのを恐れている

 

なんです。

 

 

 

前に立つとその場にいる全員から一斉に見られます。

 

そうすると一気に「評価される~。どうしよう~。」という気持ちになり、それが焦りや不安に繋がっていきます。

 

そうするともう、目線を合わせるどころの騒ぎではなくなります。

 

目が泳いだり、後ろの壁を見たりと

 

‘聴いている人たちと目が合わない’という状況が発生してしまいます。

 

これはあまり歓迎されることではありませんね 😥

 

目線が合わないと何となく信用できなくなるもの。

 

 

 

 

 

 

そんなお悩みをお持ちの方へ、これらのトレーニングをおススメします。

 

 

 

①1点集中トレーニング

 

1点を見つめる練習です。

 

ノートにペンで ● 点を書き、それを集中して見る練習をしてみましょう。

 

最初は10秒間、徐々に見る時間を伸ばしていって、30秒間出来ればOK。

 

 

②キャスターやアナウンサーの目をじっと見る

 

⇒● 点を見ることになれたら次は人。

 

いきなり人と目を合わせるのはハードルが高いので、テレビでニュースを読んでいるキャスターやアナウンサーと目を合わせてみましょう。

 

 

③慣れている人に練習台になってもらう

 

⇒いよいよ‘生’の人と目を合わせます。

 

ご家族や仲の良い友人など、練習台になってくれる人にお願いしてみましょう。

 

できれば複数人。

 

5秒間ずつ複数の人の目を順に見ると、トレーニングとしては非常に効果が期待できます。

 

FullSizeRender [1889828]

ちなみにこんなことも!

 

1点を集中してみることでいわゆる「集中力」がつきます。

 

すると、その集中力によってテニスボールを積み上げることができるんです 😀

 

これは私が受講した集中力UPのセミナーでのひとコマ(昨年の7月受講)

 

高校の大先輩でもある、集中力プロデューサー・森健次朗さんのセミナーです。

 

http://syutyuryoku.jp/

 

 

 

 

 

人間の目は2つありますが、1度に大勢の人の目を見ることは当然不可能です。

 

大勢いる人の中の1人の目をしっかり見ましょう。

 

そして、その目線を少しずつ動かしていって下さい。

 

会場のレイアウトにも寄りますが、左右や前後などその時に応じて。

 

大体お1人3秒間=5秒間が理想です。

 

目線が安定していると、聴いている人たちも安心して話を聴いてくれますよ 😛

 

 

 

 

【話し方を変えれば人生が変わる】

 

研修、講座、パーソナルトレーニング、いつでもお待ちしております。

 

 

①企業研修(主に「社内コミュニケーション活性化」、その他スピーチやプレゼンテーション)

 

3時間~:200,000円~300,000円(税別)

 

 

 

②パーソナルトレーニング(オーダーメイド)

 

1回⇒2時間:30,000円(税別)

 

6回~24回:180,000円~480,000円(税別)

 

 

 

③トークラブ

 

90分~120分、4名様~10名様

 

一律:50,000円(税込)

 

 

お問い合わせは、

 

info@act-communications.jp

 

まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です