人生を変える話し方の極意

投稿日: カテゴリー 日常のあれこれ

就活です。面接です。

無題 (2) 無題 (3) 無題週末も個人レッスンは盛況です。

昨日、京都の大学に通っている従兄弟がオフィスに来てくれました。

この4月に4回生になり、これからいよいよ就活本番!

普段学生対象のレッスンやセミナーはさほど行っていないのですが…やはり身内、少しですがレクチャーをしました(^^♪

彼は既にいくつかの会社の面接を受けており、その中での課題や上手くいかなかったことなどを聞いてレクチャーをしました。

私の従兄弟かなぁと疑ってしまうくらい優秀です(笑)。

 

気切り離せないのがやはり緊張。これはもう仕方のないこと。自分の人生を決めると言っても過言ではない就活での面接です、緊張して当然です。

問題は緊張することによって引き起こされる2次災害。

・頭が真っ白になってしまって準備してきたことのほとんどが言えなかった

・全身に力が入ってしまい声があまり出なかった

・顔がこわばり引きつった笑顔になってしまった

・話の構成が上手く出来ず支離滅裂なことを言ってしまった

こうならないように、出来るだけ早めに対策を打ち練習をしておくことをおススメします。

緊張する理由のワースト1が準備不足。

準備が出来ていない⇒不安感が膨れ上がる⇒呼吸が浅くなる、笑顔が引きつる⇒その他にも悪影響が…

という悪のスパイラルに陥ることがないようにしたいものです。

 

あとは柔軟さ。

面接官から聞かれる質問の答えに対してバカ正直に答えるよりも、ちょっとした柔軟さと言いますか臨機応変な答えが出来るようになればOK。

嘘を言うことを勧めているのではありません。

少し機転を利かせて答えることも大事なのではないかと。このあたりは話せば長くなってしまいますが。

 

いずれにしても、社会人経験のない学生のウリはフレッシュさ、元気の良さ、そして情熱的な意欲。

これらをしっかり伝えていけばきっと明るい未来が待ってるはず!

 

昨日来てくれた従兄弟の今後が楽しみです。

あ、お土産にバームクーヘンもらいました。ありがとう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です